スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「え」は映画色々の「え」

重力ピエロ

見ました。
伊坂幸太郎原作 監督森淳一 主演 加瀬亮、岡田将生

伊坂幸太郎原作の映画は「アヒルと鴨のコインロッカー」(中村義洋監督)以来。
大学院で遺伝子の研究をする兄、泉水とピカソの生まれ変わり、という弟の春の二人が
放火事件の真相に迫っていくうちに自分たちの家族との関連性に迫っていく。

なかなか面白かったです。話の進行に関わる放火事件の謎解き部分はそれほど難解ではなく、
主に兄弟と両親(小日向文世と鈴木京香)の話を中心とした家族関係を主に見せている感じ。
話は「アヒルと鴨のコインロッカー」のほうがいいかと思うけどキャラはこっちのほうがいいと思いました。
小日向文世と春が非常にキャラ立ってていい。
特に春はいいですね。24年前のシーンの子役も良かったけど。「告白」でもそうだけどピュア系の人を演じるには岡田将生は今最も似合いますね。
兄弟の関係がちょっとアレな作りになっているんじゃないかとも思ったけどこれは腐った見方だろうか。
とりあえずオススメ。
あ、渡部篤郎はモノマネの通りのしゃべり方で笑ってしまったので吹き替え希望。


容疑者Xの献身
TVで見た。実に面白い。 と、ドラマ版は見てなかったのでドラマとは比べられないんですが面白かった。
しかし福山と柴咲コウはあんまり活躍してなかったですね。堤真一と松雪泰子に持って行かれた感じ。
あと最低の被害者役の人が長塚京三に似てると思ったら息子さんでした。常盤貴子の旦那。ほほう。


ドロップ
見ました。品川庄司監督!水嶋ヒロ出演!
漫画も読んでます。
喧嘩喧嘩のシーンが多いですがお笑いの人も大勢出ててギャグとか掛け合いのテンポもよくて楽しい。
前半は結構いいな、と思ってみてましたが意外に長くてちょっとダレた気も。
最後の方は映画の締めのために取ってつけたような急展開があって残念。
短ければもっと良かったかも。
あと脇役のキャラはなかなか良かったけど
ヒロシと達也のキャラはマンガ版のがいいですね。

マッハ弐
見ました。トニー・ジャー主演 今作では監督業もしているみたいです
前作とは時代も変わってるみたいですが話は…
トニー・ジャーの映画ではあまり考えてもしょうがないかなと。
アクションは相変わらずすごいけど、カンフーぽいことしたり剣術やったり、少林寺の武器みたいなの使ったりして色々試していたようだった。
しかしやっぱりムエタイの動きが一番だと思うのでやや消化不良。アクションシーンも少なめだった。
トニー・ジャーは出家して一時引退らしいのでしばらく見れないので期待していたのだがちょっと残念。
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

コメントの投稿

Secret

プロフィール

たまち

  • Author:たまち
  • FC2ブログへようこそ!
twitter
pixiv
pixivはじめてみました
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。